【呪術廻戦】五条悟の封印は何巻で復活は何巻?どうやって解けたかも解説!

五条悟が封印?封印から復活までを詳細解説!

週刊少年ジャンプで大人気連載中の【呪術廻戦】。

キャラ投票の中でも常に上位人気を維持しているキャラクターが、主人公の通う呪術高専の教員であり、自他ともに認める現代最強の術師・五条悟です。

なのですが…彼は一度、敵の作中にはまり封印されてしまうのです!

主人公・虎杖たちが絶対的な信頼を置いている人物であると同時に、敵陣営から見ても、真っ向勝負を避けたいと思う人物でもある五条悟。

そのため渋谷事変編では、敵陣営は「まず、五条悟を戦闘不能にする必要があるが、倒すのは不可能に近いから、封印してしまおう」という方針で戦略を立てました。

今回、五条はその策にはまってしまう、ということなのですが……

五条悟は、一体何巻で封印されてしまうのでしょう?

本記事の中では、大人気作品【呪術廻戦】の中の超人気キャラクターでもある五条悟が、どのように封印されたのか単行本の何巻での出来事なのか、巻数・話数を追いながらストーリーと共に解説していきたいと思います!

  • DMMブックスでは初回無料登録するだけで90%オフクーポンがもらえます!
・漫画・小説、写真集など98万冊以上の作品が読める
・ダウンロード期限なし
・スーパーセールやクーポンの配布が定期的にある
・アプリが使いやすい
目次

最強の術師・五条悟はどうやって封印されたのか?

五条悟が封印されたのは、コミックス11巻、90話「渋谷事変⑧」です。

この話では、夏油の身体を何者かが乗っ取り、その見た目のまま暗躍していたことも明らかになります。

渋谷駅の地下5階、一般人に入り乱れる改造人間を制圧するために、領域展開「無量空処」を一瞬だけ展開することで、一般人への影響を最小限に抑えつつ改造人間の制圧を行った五条。

気配を感じ振り返ると、そこには「獄門疆(ごくもんきょう)」でした。

「獄門疆」は、封印できないものはない、といわれている特級呪物です。1000年以上という長い期間封印し続けることができ、この中では物理的な時間が流れないため、中の人物が自死しない限りは半永久的に封印し続けることができる代物です。

そして、獄門疆への封印条件は、「開門後、封印有効範囲である半径4m以内に、1分間対象を留めなければならない」というものですが、この1分間というのは、対象者の脳内時間を指しています。

とっさに獄門疆から距離を取ろうとした五条ですが、そこに夏油が姿を現しました。

夏油と五条は、高校時代の親友同士でした。しかし、五条が自身の呪力で非術師を守ろうとする姿勢を持つのに対し、夏油は非術師を抹殺することで呪術師を守るべきだという考えに傾倒します。

その結果反逆者とされ、一年前に五条が自ら手を下した人物でした。

自ら手をくだした親友が本物であることはあり得ないのに、五条の持つ六眼(りくがん)により、夏油の身体が本物であることは明らかです。この夏油は、本物なのか?偽物か?だとしたら誰なのか?という混乱をもたらし、多量の情報を与えました。

本来、脳内時間での1分が獄門疆への封印条件ですが、偽夏油の策によって五条の脳内には3年間分の時間が経過しました。なんのことなく、五条は獄門疆に補足されました。

捕捉により呪力も身体の力も奪われた五条は、成すすべなく偽夏油の告白を聞くしかありません。

中身の人物は、脳を入れ替えて肉体を転々とすることができる術式を用いて夏油の身体を支配していると種明かしをします。

五条が夏油の肉体に対抗を促しますが、片腕で自身の首を絞める程度の反抗しかできず、脳に対しては全く効果はありませんでした。(むしろ、今までにはこんなことはなかった!と高揚させることになります)

このように、偽夏油の作戦が功を奏したのか、五条はあっけなく封印されてしまいました。

五条悟が封印された!獄門疆の封印を解く方法は?

五条の封印後も渋谷事変は続き、虎杖たちが、獄門疆を持った偽夏油を逃がしてしまう形で、コミックス16巻136話で終結を迎えます。

「獄門疆」の封印を解き、五条を復活させる方法はないのか?虎杖たちは、高専にいる天元に話を聞きにいきます。

天元から、夏油の身体を乗っ取った人物・羂索(けんじゃく)について、その羂索が死滅回遊を始めた理由を聞き出し、さらに獄門疆の封印を解く方法を聞き出します。

天元のボディーガードとして戦力を提供するのと引き換えに、羂索に見つからないよう天元自ら封印を施して隠していた「獄門疆・裏」を手に入れることができました。

獄門疆・裏を強制的に開ける方法

裏は裏でも、獄門疆ですから、裏門を開ける権利も表と同じく羂索にある状態です。

抉じ開ける方法は以下の3つです。

①「天逆鉾(あまのさかほこ)」…あらゆる術式を強制解除することができる

②「黒縄(こくじょう)」…あらゆる術式効果を乱し、相殺することができる

③死滅回遊の泳者である「天使」の協力を仰ぎ、あらゆる術式を消失させる術式

このふたつは、物的な方法として非常に有効でしたが、①「天逆鉾」は五条の手によって12年前に封印したか破壊してしまっており、②「黒縄」も去年、五条が全て消してしまっていました。

※乙骨がアフリカで②「黒縄」の残りを捜索しましたが、結局、見つかりませんでした。

そこで、虎杖らは最後の手段である、③の選択肢をとることにしました。

③死滅回遊の泳者である「天使」の協力を仰ぎ、あらゆる術式を消失させる術式により、封印自体を消失させることにしたのです。

天使を探し出し協力を仰ぐためにも、死滅回遊へ参加することにした虎杖たちでした。

  • DMMブックスでは初回無料登録するだけで90%オフクーポンがもらえます!
・漫画・小説、写真集など98万冊以上の作品が読める
・ダウンロード期限なし
・スーパーセールやクーポンの配布が定期的にある
・アプリが使いやすい

五条、復活!

獄門疆・裏の封印を解いて五条が復活するのは、コミックス25巻221話です。

死滅回遊へ参加し、天使が受肉している来栖 華(くるす はな)との合流を果たした一同。

天使は、受肉したプレイヤーの一掃を望んでおり、特に「堕天」と呼ばれる存在の抹殺を望んでいますが、実は堕天の正体は宿儺でした。

天使が五条復活に協力するために、堕天=宿儺の抹殺に協力すること。これが交換条件として提示され、虎杖たちはそれを飲みました。

獄門疆の中では時間の感覚がないことから、五条の精神状態を危惧し、広い場所で封印を解こうとします。天使の術式「邪去侮の梯子(やこぶのはしご)」で当てた瞬間、獄門疆が消失し地震が起きました。

実は羂索は、獄門疆を日本海溝の中に沈めていました。

最深部は8000メートルにもなる海溝の中なら、万が一封印が解かれ五条が出てきたとしても、生存は難しいとかんがえての策でしたが、そんな細工も五条にとっては無意味も同然で、羂索の目の前に颯爽と現れます。

五条は復活直後、親友である夏油の肉体を弔うために羂索の前に現れたのでした。

しかしここで、宿儺が仲裁に入り、よもや戦闘開始か?という不穏な空気に!

羂索は宿儺に「彼と戦う前に約束を果たしてもらう」と声をかけ、それに宿儺が応じ、五条が改めて再戦日程を提示します。

再戦の日を12月24日としました。その日は、一年前に五条が親友である夏油を殺した日、つまり命日でした。

勝つ気か?と問う羂索に対し、強気の五条が勝利宣言してこの場は解散となりました。

この後は、五条は高専陣営のもとに戻り、来る決戦に向けて各々の準備に入ります。

【呪術廻戦】五条悟の封印は何巻で復活は何巻?どうやって解けたかまとめ

この記事では、五条悟の封印は何巻で復活は何巻?そしてどうやって解けたのかも解説していきました。

呪術廻戦は現在26巻まで発売されており、主人公である虎杖を守り強くしてくれる第一人者として、五条悟は最初の場面から助力してくれる重要人物です。

そんな五条が封印されてしまうこの場面は、かなり衝撃的でした。

今まで、どんな敵でも決定的な強さで倒してきた姿、どれだけ強い相手でも最後には勝ってしまう姿、そんな五条の姿を見てきたのに、五条を封印されたら勝ち目はないのでないか?!と思ってしまっても、過言ではないですよね。

最後に、【呪術廻戦】五条悟の封印は何巻?復活は何巻?という今回の内容をまとめると、

・五条が封印されたのは、コミックス11巻90話。

・五条の封印が解かれ復活したのは、コミックス25巻221話。

・封印を解くために力を貸してくれたのは、来栖華に受肉した天使であり、天使の一番の目的は、天使が堕天と呼んでいる宿儺を倒し消すことである

というポイントにまとめられると思います。

最新刊である26巻では、封印から復活した現代最強の術師・五条悟が死闘を繰り広げていますので、まだ未読の方はぜひご覧になってみてくださいね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次